まず最初に揃えてほしい、基本のアイテム

2021.05.03
ファーストアイテム
街ですれ違う人やお店のスタッフなど「おッ!オシャレだな」と思うシーンは必ずあります。

そんな人たちはどんなコーディネートなのか思い浮かべてみましょう。

意外と「定番アイテム」を上手に取り入れたコーディネートをしていませんか?

定番アイテムをうまく取り入れると「この人オシャレだな」と感じやすくなります。

ただ、年齢が上がると「地味なコーディネート」は嫌だし、攻めすぎると「無理してる感」が出てしまいます。

そこで、今回は地味でも無理でもない
オシャレのベースとなる定番アイテムをご紹介します。

オシャレの基本は「バランス」

COORDINATE
01

定番アイテムを中心にコーデを組んでいく!

定番アイテムからコーデを組み立てると、

「今日はどんな服にしようか」という漠然とした状態ではなく

「このアイテムに合うコーデ」から始められるので、コーデの組み立てがとてもラクになります。
COORDINATE
02

大定番の「ネイビー・ジャケット」

着る人の世代を問わないネイビージャケット。

ラフなコーデからドレスコーデまで幅が広く「きちんと感」も出て好印象なアイテムです。

大人はあまり「ダボッ」とさせずキレイ目のシルエットを選びましょう。

襟やポケットなどに「遊び」が入っていてもアリです。
COORDINATE
03

「ストライプ・カジュアルシャツ」

大人の場合「ストライプ」は定番の位置付けです。

大人はコーデの全てをシンプルに振ってしまうと「理屈っぽく」見えてしまいがち!
インナー物は多少「かわいさ」の入ったアイテムを選びましょう。

カジュアル・ストライプは、他のアイテムと組み合わせても1枚着でもコーデが組めるのでオススメです。
COORDINATE
04

「ボーダー・ポロシャツ」

シャツと同じ理由で「ボーダー」も位置付けは定番です。

大人の場合はある程度「遊び」のあるボーダーでもOK!

アウターはジャケットでもブルゾンでも合うため、とても幅広いコーデを組むことができます。
今回はメンズの「まず最初に揃えてほしい、基本のアイテム」をお届けしました。

コーデを組み立てる時、基本アイテムから組み立てていけば、

コーデの「ある」「無し」が明確になるので時短にもつながります。

基本アイテムはカラー別に持っておくのもオススメですよ♪